FC2ブログ
ロサンゼルス発 LA AUTO BLOG
「ViviNavi(びびなび)ロサンゼルス」発行、「街マガジンAUTO」とリンクした、車をテーマにしたブログです。新車、中古車、カスタム、修理、レースやイベント、車に関するグッズまで、クルマに関することを幅広くご紹介します。
プロフィール

Vivicar

Author:Vivicar
このたび、当ブログは、Fc2さんから、新しくできたViVinaviブログに引っ越しました!

http://em.vivinavi.com/emblog/la_automobile/

ぜひ、お越しください!お待ちしております!


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HIRO AUTO / Torrance
HIRO AUTO / Torrance
tnn_Hiro Sign

Q.まずは、ご自分でリペアショップを始められたきっかけから教えてください。

A.アメリカで生活を始めたころ、私や周りの人たちのクルマが壊れたり、
調子が悪くなったときに、安心して利用できるリペアショップがなかったんです。
修理内容が不透明で、言われるままの値段を払うしかないという状況でした。
これは、もう自分自身でそういうお店を作るしかないなと思ったんです。
それまでは、発電所のエンジニアや、ログハウスビルダーををやっていましたが、
それ以来、メカニック一筋です。
tnn_Hiro shop1


Q.お客さんは、日本人が多いですか?
A.そうですね。80%が日本人の方です。

Q.お店は、ずいぶんと大きいですよね?
A.元々新車ディーラーの設備を使っているので、整備のためのリフトが10基あります。
これは、日系のリペアショップでは全米1じゃないかと思いますよ(笑)!
tnn_Hiro garage1


Q.サービスの内容は?
A.整備と修理に関しては、基本的に何でもやっています。
車種的にも、日本車でも、アメリカ車でも、ヨーロッパ車でも歓迎です。
ウチで面倒を見れないような車、たとえば特殊なクラシックカーなどでも、
何かご相談に乗れたり、お役に立てることはあると思います。

Q.単刀直入に聞きますが、ヒロオートは「安い」ですか?
A.「安い」です。ただし、必要な質にはこだわります。
たとえば、今、期間限定で格安の、「$10オイルチェンジ」キャンペーンをしています。
粗悪なオイルを使って値段を下げるのではなく、カストロールのオイルを使用しています。
いくら安くても、クルマに悪ければ、意味がないですから。
オイルはクルマの血液ですから。
tnn_Dirty.jpg

オイルチェンジを怠っていたクルマ。

tnn_Clean.jpg

正常なクルマ。

Q.$10オイルチェンジは商売になってるんですか?
A.もちろん、なってません(笑)!。
でもこのキャンペーンをキッカケに、ウチの店を利用してくださる方が増えればいいんですよ。
なので、新規のお客様限定です。リピーターの皆様、ごめんなさい!(笑)
いま、リピーター様向けの、スゴイサービスも考え中ですから、ご期待ください!
tnn_Hiro garage 2


Q.最後に、一言。
A.クルマに気になるところがあったら、お気軽に見せてください。
本格的に壊れてからでは、お金も時間もかかりますし、何より危険ですから。

あと、意外とお金を取られると思っている方がいるんですが、タイヤの空気調整も無料です(笑)。
空気が抜けたまま走っていると、パンクしやすいし危険ですよ。

とにかく整備や修理に関するご相談や、簡単な点検は無料ですから、気軽にご利用くださいね。



HIRO AUTO SERVICE

20441 Hawthorne Blvd,
Torrance CA 90503

Phone : +1-310-371-9174
FAX : +1-310-371-9177
e-mail : hiroautola@verizon.net

営業時間
Mon~Fri:8:00~18:00
Sat:8:30~15:00
定休日:日曜&祭日




びびなび街マガジンはこちらから

ガリバーUSAの中古車個人売買仲介サービス
www.gulliverusa.net


スポンサーサイト

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

現存しているデロリアン・モーター・カンパニー!
DMC/Delorean Motor Company (Garden Grove)

tnn_1981_delorean_dmc12.jpg


デロリアンというクルマを知っていますか?

1975年にGMの副社長デロリアン氏が、自分の理想の車を作るために独立し、デロリアン・モーター・カンパニー(DMC)を設立しました。
発売は1981年。設計はロータス、デザインはジウジアーロが担当。
エクステリアは、むき出しステンレスとガルウィングドアでエキセントリックですが、エンジンはPRV(ルノー、プジョー、ボルボの共同開発)製V6SOHC3.0Lでごくごく普通。
本社はデトロイトですが、製造アイルランドのベルファスト郊外で行なわれました。

最初の年には6500台を販売したものの、その後、経営的な問題などもあり、成功したとは言いがたく消滅してしまいました。 最終的な生産台数はわずか9000台。
しかし、1985年、マイケルJフォックス主演の映画「バックトゥザフューチャー」でタイムマシンとして登場し、人々の記憶に残る車になりました。

1997年、DMCはデロリアンモーターセンターという2~3のショップで再始動しました。
ここガーデングローブショップのダン・ボトキンとドン・シュテーガーも当時のメンバーで、デロリアンのことを知りつくした男たち。

tnn_P5080124.jpg



現在の主な仕事はボディの修理・交換と、30年前の特殊なクルマが元気に走れるようなメンテナンス。 しかし、大改造もやっていて、「バックトゥザフューチャー仕様」は過去に3台製作、現在も4台目を進行中です。 ドン自身は、ノーマルのPRVエンジンの130馬力を、2倍近く上げるべく、パーツを自作したりもしています。
tnn_P1010090.jpg

tnn_P1010086.jpg


そしてなんと今年、DMCは新車の製作を開始!
中古車の車台とVINを利用して、新品パーツで新車状態のデロリアンを作ってしまおうという企画です。 詳しくは彼らのウェブサイトなどをご確認ください。
tnn_P1010089.jpg

tnn_P1010088.jpg


Delorean Motor Company
www.delorean.com/

Delorean Motor Company (California)
www.dmccalifornia.com/

Back to the Future Official Website
www.bttfmovie.com/



With its foot planted firmly in pop culture, the infamous DeLorean is making a comeback from just the “Back to the Future” car. At the DMC or DeLorean Motor Company, they run a very tight and clean ship. Not a spot of oil or even water lay on the ground, tools were in the proper place and the entire shop was extremely organized.

The DMC started back in 1980 in Ireland. John Delorean worked for GM or General Motors and came up with some of the inventions we take for granted in our cars now a days. He also went behind GM’s back and produced the Pontiac GTO. GM had standards for every car the produced; a certain size car would only get an engine with a certain amount of horse power. Mr. Delorean didn’t like that and so he took an aggressively large engine and stuck it into a small coupe. The later became the GTO that people love today.

John Delorean broke away and started his own company, the DeLorean Motor Company. With intentions of produce 30,000 of his DMC-12 or as the majority of people know it as a DeLorean, seeing as it was the only car produced by his company, the company closed down after John Delorean spent all the money and then was later charged with drug trafficking charges.
tnn_P1010108.jpg

tnn_P1010106.jpg

Back in 1997, the DMC started up again, but just as a few shop throughout the USA. Dan Botkin, shop manager of the DMC in Garden Grove, had been working at the shop alongside Don Steger, the last remaining DeLorean Certified Tech, since the shop was called the DeLorean Motor Center.
tnn_P5080125.jpg

The DMC does mostly repair work, replacing dented panels and making the cars run smoothly again; considering, they are almost 30 year old cars. They also do performance modifications and overall modification. They have re-created the popular “time machine” from Back to the Future 3 times and now they are on number 4. Don has also been hard at work, trying to make the stock 130 horsepower 2.8 liter V6 into a monster with almost double the brake horsepower! He is basically installing his own fabricated parts into the stock motor that will give the engine a huge gain in performance.
tnn_P5080123.jpg

tnn_P5080122.jpg


This year, the DMC started coming out with new cars! Technically, they have the VIN of an older DeLorean, but with such high goals of 30,000 cars and only creating close to 9,000, they have a huge amount of unused, virtually brand new parts that they can use to create new DMC-12s. A couple months ago the Back to the Future ride closed at Universal Studios. This obviously gained the attention of the media and interviews with the DMC sparked interest in the now Collector Car again. I hope that things only become busier for this shop, Dan and Don are two of the most genuine and kind people I have ever met. I can only fathom what the future might hold for them, but I would guess that we will be seeing a lot more of the DeLorean on the street. (MIKEC)
tnn_P1010084.jpg

tnn_P1010083.jpg





びびなび街マガジンはこちらから

ガリバーUSAの中古車個人売買仲介サービス
www.gulliverusa.net


テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

EUROCODE~アウディ&フォルクスワーゲンのスペシャリスト
EUROCODE(TORRANCE)

企業が口コミのみで成長した場合、それはその会社のサービスが本当に品質の高いものであることを証明しているといえるでしょう。

トーランスの「Euro Code(ユーロコード)」は5年間、欧州車のチューニング業をほとんど広告なしてやってきました。 ショップは、各種チューニングショップに囲まれた一角に位置し、フォルクスワーゲン(ゴルフ、ジェッタ、ビートル、パサート)と、アウディ(A3、A4、A6、S4、RS4、TT)を中心にあつかっています。 そして、2001年のオープン以来、数々のレースで勝利を収めたり、顧客が彼らの仕事を、インターネットのフォーラムで絶賛していたために、その評判が世界中に広まり、現在ではチューニング界で、世界の注目を集める存在になったのです。 その顧客はアメリカ国内にとどまらず、今ではサウジアラビアやヨーロッパ、アフリカのユーザーが彼らにチューニングをしてもらうために、クルマを送ってくるようになりました。
tnn_eurocode1.jpg


ユーロコードの作業スペースは、タテに2台分しか用意していません。
tnn_P1010104.jpg


しかしそれは、「お客様の愛車は自分の愛車、お客様は自分の家族」のポリシーの元、一台一台を大切に納得のいくように仕上げるという彼ら流の仕事の質を保つために必要なこだわりなのです。 入庫した車両には、軽微な修理やオイルチェンジから、大掛かりな改造、コンピューターチューンまで、あらゆる整備とチューニングを施すことができるワンストップショップサービスが待っています。

tnn_P1010102.jpg


EuroCodeは、6人のフルタイムメカニックによって運営されています。 中でもデイビッドはもっとも経験豊富で、少年時代からボンネットの下で仕事をしている男です。
tnn_P1010103.jpg


取材時には、ジェッタに、400馬力オーバー(!)のエンジンとトランスミッションを換装中で、パーキングロットには800馬力のA4や、900馬力のA6が作業待ち中でした。
昨年のEuro Tunerグランプリで、800馬力仕様のAudi S4を持ち込み、見事優勝した時の模様は下記のリンク先で動画紹介されています。
tnn_ecode_team.jpg


現在、ユーロコードは非常に忙しい状態が続いており、近いうちにもっと大型のショップへの移転を計画中。 チューナーとして、高い目標を掲げて実績を出し続けていますが、同時にサウスベイ地区の自動車関連ビジネスとしても、その急成長に注目が集まっているのです。


Euro Code
1872 Del Amo Blvd #A
Torrance, California 90501
1-310-379-3876
www.ecodetuning.com/


Euro Tuner Granprix 2007の模様
www.eurotuner.com/videos/57/6201683/index.html
Eurotuner.jpg




EUROCODE (Torrance)

When a company grows solely by word of mouth, it proves the overall quality of the work. EuroCode in Torrance has been tuning European cars for 5 years and have done almost zero advertisement. Working on Audis and Volkswagens, they have gained the attention of people all across the world. They have serviced and tuned cars from the US as well as Saudi Arabia, Europe and Africa. There fame has been passed through online forums by extremely happy customers.

They pride themselves on their work, as they should. The EuroCode shop was very small, they can only fit 2 cars (one behind another) into their working area, yet they are able to keep the place very organized and quite clean. They are a full service shop, from small repairs and oil changes to tuning and chip flashing; it’s your one stop shop if you own any European car.

tnn_P1010105.jpg


With 6 full time employees, EuroCode is able to take a number of jobs and crank them out. David is the most experienced there, with 15 years under his belt, he has been working under the hood of cars since he was a young boy. They had numerous extremely fast cars sitting outside. An Audi A4 with 800 brake horsepower and an A6 with 900 horsepower that was having a couple issues but they were currently getting it running again. They were also doing a whole engine and transmission swap on Volkswagen Jetta, which they said had the potential to get up to, and possibly above, 400 horsepower.


tnn_P1010101.jpg


Business has been extremely busy for them, and it continues to grow immensely day by day. In the very near future, EuroCode plans on moving into a much bigger shop which will allow them to grow into an auto shop powerhouse. They have extremely high goals which they will most definitely reach, very soon. EuroCode is for sure one of the top shops, and fastest growing companies in all of the South Bay. (MIKEC)

tnn_P1010109.jpg








びびなび街マガジンはこちらから

ガリバーUSAの中古車個人売買仲介サービス
www.gulliverusa.net

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

ハーマン・モーティブ
tnn_HPIM1301.jpg


 自動車のパフォーマンスショップをはじめるということは非常に大変なことであり、
さらに、トヨタやホンダならともかく、「スバル」の専門店をアメリカでやるとなると、
クルマの特殊性によるマーケットの小ささなどから、ほとんど不可能といってもいいレベル。
 ハーマン・モーティブ社はそれを見事に克服して、現在はスバル・STIの
チューニング界でトップレベルに上りつめたチューナーである。

tnn_HPIM1299.jpg


オーナーのダン・ハーマンは、もともとクルマいじりが大好きであったが、
2002年まではチューニングを仕事にはしておらず、
自分のガレージで、自分の愛車と友人たちの車をチューニングしていた。

そのうわさが口コミで評判を呼び、カレッジ卒業後、初めて自身のショップをオープンした。
顧客が増えていくにつれて、彼の知識と技術もどんどん向上していき、
2004年、スバルがインプレッサSTIをアメリカ市場で販売開始するとともに、
ダンはこの新型車の研究に没頭した。

tnn_HPIM1302.jpg


STIに使われるコンピュータはきわめて複雑であったが、
ダンはそのプログラムを解明した最初の5名のチューナーの一人となった。
ハーマンモーティブは、ダンと一人の日本人メカニックによってスタートしたのだった。

tnn_HPIM1303.jpg


2005年は、まさにハーマンモーティブが羽ばたいた年。
最初のSTIモデルがアメリカに登場した翌年であり、WRX(いわばSTIのでチューン版)の価格が、
落ち始めた。それによって、多くの人々がWRXをベースにチューニングを施すことができるようになり、
ハーマンモーティブの名も、全米の「スバリスト」の中で一気に知られていったのだった。

tnn_HPIM1305.jpg


2007年、彼らはより大きくて新しい店舗に移転し、より多くの顧客の要望にこたえられるようになった。 最初から彼らは、口コミのみで広がったビジネスであったが、この年初めて「スバル・マガジン」に広告を打ったのだった。

tnn_HPIM1306.jpg


工場内にはいると、ダンはマスタングダイアグノスティックシステムに欠けられているSTいのそばにいた。
tnn_HPIM1307.jpg


アシスタントマネージャーのイアンいわく、「良いショップと悪いショップの違いは、そのクルマの何が問題で、どんな対処をすればいいかという、的確なトラブルシューティングができるかどうかです。」

今年、ハーマンモーティブはさまざまなパフォーマンスパーツの組み合わせによるチューニングにあきたらず、品質に焦点を絞ったオリジナル製品群をリリースした。
現時点で彼らのオリジナル製品は08モデルの新型STI用と同じく08モデルのBMW335i用のエキゾーストだけであるが、もちろん他の車種への展開を計画している。 (Mike)

ハーマン・モーティブ
www.harmanmotive.com/

tnn_HPIM1308.jpg


[READ MORE...]

テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク

スーパーオートバックス!!
今回紹介する”スーパーオートバックス”は、日本の方ならおなじみの、日本最大のカー用品店ネットワーク。同社は、アメリカだけでなく台湾、シンガポール、タイ、フランスなどにも出店している。


tnn_Front.jpg


そしてそのオートバックスのアメリカ進出1号店がこちら。
LA郊外のオレンジカウンティのスタントン店。
ビーチブルバード沿いにあるショッピングプラザの中に、巨大な店舗を構えている。

tnn_Shop2.jpg


tnn_display1.jpg


アメリカらしいガソリンポンプやジュークボックスの形を模したディスプレイツールなど、
店舗デザインはアメリカ人デザイナーによるもの。アメリカ人が見ても、外国企業という違和感はない。
tnn_Display2.jpg



tnn_shop1.jpg


tnn_Grills.jpg


売り場面積は、アメリカ最大級。
部品中心の地味な品揃えのライバル店に対して、同店は日本のグッズも多数展示販売したり、
映画「ワイルドスピード」でおなじみのスポーツコンパクト系やSUV系のカスタムパーツも充実させすなど、楽しめるお店になっている。

tnn_Speakers.jpg




tnn_T.jpg

日本人以外には、カタカナのロゴが人気。

tnn_Watches.jpg

各自動車メーカーのグッズが充実。

tnn_models1.jpg

マニア向けに、アメリカ製よりも精度の高い日本のプラモデルも販売。

tnn_models2.jpg

車種はいわゆる「走り屋系」ばかりだが。

tnn_haynes.jpg

老舗出版社ヘインズ社の車種別整備マニュアルもラインナップ。
幅広い車種、年式をカバーしているので、
自分の車のものを一冊、持っておきたいものである。

Haynes Repair Manual
www.haynes.com/

tnn_hyperrev.jpg

こちらは日本のニューズ出版が発行する、「ハイパーレブ」シリーズ。
車種別に、モデルチェンジの歴史やスペック、改造パーツ情報などが盛りだくさんで、
日本語で書かれているにもかかわらず、アメリカ人が買っていく。

ニューズ出版 「ハイパーレブ」

tnn_Hotwheels.jpg

ミニカーコーナー。モニターでは、「ベストモータリング」など、日本のDVDを上映。

tnn_Kitty.jpg

なぜか、ハローキティグッズも充実している。

また、ピットコーナーも充実しており、ハイテク機器によるタイヤ交換、オイル交換はもとより、
オーディオのカスタマイズを得意としている。

tnn_pitservice1.jpg


tnn_pitservice2.jpg




tnn_S2000.jpg

ハードトップをつけたS2000。

tnn_Civic.jpg

定番人気のシビッククーペ。

tnn_Integra.jpg

古いインテグラをベースに、DIYでモディファイ中。

tnn_E36.jpg

なんともいえない色のBMWE36。M3なのだろうか?

tnn_camry.jpg

ノーマルのカムリにも、こんなホイールが。


tnn_Sign.jpg

モールの駐車場でボンネットを開けて車談義に花を咲かせる人たち。


同社では、”e-bacs”という名前で、インターネット通販も行なっているので、
遠方の方も、ぜひウェブサイトをチェックしてみてほしい。(AK)

"e-bacs"のトップ画面
tnn_AutobacsEbacs.jpg


過去のセール広告
tnn_Autobacsads.jpg



tnn_Demo S2000


tnn_Demo GS



スーパーオートバックス(USA)
www.autobacsusa.com/

スーパーオートバックス(日本)
www.superautobacs.com/


[READ MORE...]

テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。