ロサンゼルス発 LA AUTO BLOG
「ViviNavi(びびなび)ロサンゼルス」発行、「街マガジンAUTO」とリンクした、車をテーマにしたブログです。新車、中古車、カスタム、修理、レースやイベント、車に関するグッズまで、クルマに関することを幅広くご紹介します。
プロフィール

Vivicar

Author:Vivicar
このたび、当ブログは、Fc2さんから、新しくできたViVinaviブログに引っ越しました!

http://em.vivinavi.com/emblog/la_automobile/

ぜひ、お越しください!お待ちしております!


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nakamichiオーディオ:新世紀スタンダードはCD400!
車内空間くらい贅沢してもいいじゃないか!いまだからこそNakamichi オーディオ

車ではCDが単に聞ければいい、音が悪くたってipodをFMで飛ばして聞ければいいって思っていませんか?でも考えてみてください。この広大だ大地を持つアメリカでの車の運転に音楽の“音質”はかかせないものです。好きな音楽を最高の音で聴く。ドライブが倍楽しくなるのは間違いないでしょう。
そこで今回ご紹介するのは高音質CDレシーバー/Nakamichi製 CD-400です。
nakamichi4.jpg


CD400は、Nakamichiが「ナカミチ新世紀スタンダード」と位置づけるモデルです。

ナカミチといえば、今でこそ知らない人も増えたが、オーディオに少しでも凝ったことのある人なら知らない人はいない言わずと知れた名門オーディオメーカーです。
数年前に民事再生法を適用して経営再建中ですが、それでもナカミチの名が依然として輝いているのは、やはり過去の歴史的製品群の存在故であることは間違いありません。
そのナカミチのCD400の魅力を紹介しよう。
nakamichi3.jpg

1) こだわりの音質
  CD-400の魅力は何と言ってもアナログデッキならではのナチュラルサウンド。
そもそもナカミチの魅力は原音再生にこだわった音作りにあり、密度の濃い芯のしっかりした濃密な音色にはまると抜け出せなくなります。
またAUX端子がついていて、ipodも直接つなぐことができるのでFMトランスミッターで聴いたときのあの雑音とはもうおさらばです。

nakamichi2.jpg

2) 飽きのこない洗練されたデザイン
一瞬、これ純正?って思ってしまいそうなデザインがナカミチの特徴です。この決して目立たず控えめなナカミチデッキだからこそどんな車にもマッチするのでしょう。またイルミネーションも8通りで変更可能。さすがにデザインは好き嫌いなど個人差はあるのでキンキラ外装やド派手イルミネーションが好きな人には勧めませんがこの地味な外観に魅力を感じる人は多いはずです。
nakamichi1.jpg

実は筆者の私もこのナカミチCD400のオーナーなんです。数ヶ月前にアメリカで発見して購入しすでにナカミチサウンドの虜になってしまいました。このCD400はアナログデッキの中では決して高くはなく言わば入門モデルといえるでしょう。入門もモデルと言ってもいままでデジタル機を聴いてた人なら音の違いにすぐに気づくのではないでしょうか。ナカミチではもうカーオーディオは作っておらず日本国内でも数がどんどん減ってきていて、Yahooオークションなどにもたまに出品されていますがかなり高値で取引されているそうです。
この機会にぜひ、日本が誇るオーディオブランド「Nakamichi」を体感してみてはいかがでしょうか。(Tony)

ナカミチ社によるCD400のプロダクトインフォメーション↓
http://www.twctokyo.co.jp/nakamichi/cd400.pdf

販売サイト(日本で買うと$65000、アメリカでの定価は$578です。しかしこのサイトではなんと$399.99で売ってます!!)↓

http://www.woofersetc.com/index.cfm?fuseaction=page.display&page_id=14&mfg_account_ID=50&category_id=8



びびなび街マガジンはこちらから

ガリバーUSAの中古車個人売買仲介サービス
www.gulliverusa.net


スポンサーサイト

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

いよいよ始まる運転中携帯禁止! Bluetoothの携帯電話ハンズフリーキット
いよいよカリフォルニアでも、本格的に運転中の携帯電話使用が禁止されます。
運転中に電話を手に持って話すことは、多くの国や州でも禁止されているように片手がふさがり、注意も散漫になるため非常に危険ですよね。

とはいえ、LAではクルマでの移動がほとんどですので、「ドライブモード」にして、電話に出ないというのも、非常に不便で、現実的ではない方も多いはず。

通常、携帯電話を購入すると、イヤーピースと呼ばれるハンズフリーキットが、おまけに付いてきますが、これは有線で携帯電話機につなぐもので、運転しながら使うには、ちょっと不便。
イヤーピース

そこで注目を浴びているのが、Bluetooth(ブルートゥース)という技術を利用した、無線式のイヤーピースです。 エリクソン社が開発した無線データ通信技術で、半径10~100メートル程度の、通信が可能です。
tnn_accessy.jpg

その名称は、「青い歯」とは関係なくて、ヴァイキングの王様、ハラルド・ブロタン(Harald Blaatand)に由来。 Blatandを英語風に発音すると、Bluetoothに近くなるということで名づけられたそうです。
そして、ノルウェーとデンマークを統合した王にちなんで、通信規格を統合するという思いが込められているとか。 ハンズフリーのほかにも、無線マウス&キーボード、カーナビ、プレイステーション3やWiiのコントローラーなどに利用されています。



最新の事情を、ガーデナのマルカイ店内、ACE Wirelessのヤエハタ・マサ店長に聞きました。

Masa.jpg


Q.やっぱり法改正の影響でBluetooth製品は、売れていますか?

A.おかげさまで、ものすごーく売れていますよ(笑)!! 多分、どこのお店でも同じだと思います。
問屋さんでも今は非常に在庫薄なので、特定のモデルや色などにこだわる方は、早めに入手したほうがいいと思います。

tnn_logos.jpg



Q.具体的には、どんな製品が人気ですか?

A.メーカーでいうと、Jabra、Samsung、Motorolaが3大人気ブランドです。
製品でいうとサムソンのWep200というモデルですね。
手ごろな値段のわりに性能が良くて、音声が聞き取りやすいので、ウチでもおすすめしています。
当店では、特別価格で用意してますので、お問いあわせください!
tnn_wep200.jpg


Q.最近の傾向などは?

A.日産、アキュラ、BMW、アウディ、メルセデスなどの最近の新車には、最初からクルマにBluetooth機能が着いています。 自動車メーカーが採用しているくらいなので、Bluetoothが今後のハンズフリー通話の主流になっていくと思います。 また、この機会に携帯電話をBluetooth対応機種に買い換える方も、非常に多くなっています。

Q.なるほど。ありがとうございました!それでは最後に一言どうぞ。

A.マルカイ・マーケットの入り口のところにお店を出していますので、気軽に声をかけてくださいね! 
小さいお店ですが、サービスは充実させていますし、マルカイのついででいいですから(笑)!

tnn_Picture 946_thumb


Bluetooth
www.bluetooth.com

Ace Wireless
http://www.come2ace.com/7.html


[READ MORE...]

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

車のセキュリティシステム
日本と違ってアメリカでは、車の盗難や車上あらしが多く発生しています。

そのため、ハンドルやホイールを固定するものや、警報を鳴らすものなど
さまざまな対策グッズが販売されているが、現在、主流なのは
キーレスエントリーと一体型になっているタイプ。

よく、駐車場で意味もなくサイレンが鳴っている車がありますね。
あれは製品の精度がわるいか、ユーザーが振動センサーなどの設定が敏感すぎるため。
せっかく取り付けるセキュリティシステムを安心して利用するためには、
同じように見えるタイプでも、良い製品を選び、正しく設定して使いたいものです。

さて、今回紹介するバイパー(Viper)は、セキュリティ業界を機能面でも、
デザイン面でもリードし続けているブランドで、日本でもアメリカでも多くのユーザーに愛用されています。

製品のラインナップは、シンプルなキーレスエントリーにセキュリティ機能のついたものから、
クルマが今どこにあるかの映像を送ってくれるものまで幅広いが、
どれを選んでも基本的な盗難防止性能はついています。

バイパーの親会社は、自動車用電子機器を扱う、ディレクテッド・エレクトロニクスInc(DEI)。
この会社は、複数のセキュリティシステムとならんで、PolkやOrionという
カーオーディオ、ホームオーディオのブランドも持っています。
そのため、DEIは、研究開発費を非常に有効に使うことが出来るというわけです。


POLK AUDIO
www.polkaudio.com

ORION CAR AUDIO
www.orioncaraudio.com/


ベーシックモデルの「Viper 211HV」は、
イグニションコントロールシステム、ドアロックシステム、室内灯の自動点灯、
4ボタン式のリモートキー、パーキングライト点滅確認機能付き。
さらに追加オプションでリモコンがつけられるように予備の差込口も2個付き。
実売価格は、$130~$170。無名メーカーの製品でも数十ドル~150ドルするので、手ごろといえる。
211HV_large.gif


最高級の製品は、キーレスエントリーとリモート始動機能の付いた、「vIPER7900」。DEIは、
「バイパーのカラーLED反応システムは、世界で一番、洗練されたリモートスタートシステムである」と誇りをもっている。

7900_large.gif


端末はカラーのディスプレイで、1/4マイルはなれたところからでも操作が可能。
この端末自体が、バイブレーションと警報を発することが出来るので、
たとえ車のサイレンが聞こえない位置にいても、安心。
遠隔から始動した場合は、確実に始動したお知らせも届くので安心。
実売価格は、$550~$700と、さすがに高価。

そして、一番の売れ筋、かつおすすめのモデルは、「Viper5002」。

5002_large.gif


ハイテク2ウェイシステムで、スティンガーダブルガードショックセンサー、リベンジャー6トンサイレン、
電源シャットダウン機能まで。もちろん、キーレスエントリーなどの便利機能もバッチリ。
ディスプレイ上には、アイコン表示でとてもわかりやすいデザイン。
実売価格は、$350~$460。


Viper
www.viper.com/

Directed Electronics Inc
www.directed.com/


びびなび街マガジンはこちらから

ガリバーUSAの中古車個人売買仲介サービス
www.gulliverusa.net
[READ MORE...]

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

第1回:TomTom~LAの生活にベストフィット。シンプルでチープなカーナビ
このコーナーでは、車にまつわる面白グッズ、便利グッズを紹介。
「アメリカならでは!」「アメリカなのに?」など、いろんなモノが登場します。

今回は、カーナビ。
クルマのアクセサリーとしては、「高機能、でも高い!」イメージのカーナビですが、
ちゃんとロサンゼルス居住者のニーズにあった、シンプルかつ、安いモデルもあるのです。

----------------------------------------------------------

日本では、カーナビは大人気の装備。
ほとんどの車には必ずオプション設定されているし、
オートバックスやイエローハットのような用品店では、
常に店頭の一番いいところに展示されている人気商品。

リアルな画面で、ハードディスクだったり、DVDが見れたりと、
超高機能で、その分、10~20万円と値段も高い。

LAでは、フリーウェイをはじめ、道路は南北か東西に走っているので、
「カーナビなんていらない。簡単な地図があれば十分」という人が多い。
街でもカーナビがついている車は、珍しい。

知らない街に出かけるときなどに、たまに「カーナビがあればよかったな」と思うが、
そのために、$1,000以上も出す気にはならない。

でも、たとえば、カーナビが$300くらいで買えるなら、どうだろうか。

仕事で、あちこちへの車移動が多い人が、よく使っているのが、
TomTom(トムトム)という、ポータブル対応のカーナビ。

tn_TomTom GO 920
tn_TomTom ONE 3rd Edition


車への取り付けは、簡単で、フロントガラスに、吸盤でくっつけるだけ。
電源は、内蔵のバッテリーを充電しておくか、シガーソケットからとればよい。

tn_Demo1.jpg


機能は非常にシンプルで、画面も小さい。
でも実際に使ってみると、
「これで十分なんだな」
と、気づかされるのだ。

tn_Demo2.jpg


GPS機能もあるし、画面の切り替えも「それなりに」速い。
さらに、「日本語音声機能」もあるのだ。
TomTomのウェブサイトででは、各機種のデモを動画で見ることができる。



TomTom メーカーサイト
www.tomtom.com

カーナビ製品一覧ページ
www.tomtom.com/products/product.php?ID=397&Category=0&Lid=4


高級版(といっても、$549.95)のデモ TomTom GO 920
www.tomtom.com/products/product.php?ID=404&Category=0&Lid=4

廉価版(なんと、$199.95!)のデモ TomTom ONE 3rd Edition
www.tomtom.com/products/product.php?ID=397&Category=0&Lid=4


実際の、購入にあたっては、BestBuyなどの、家電量販店の販売価格が、安いようだ。

BESTBUY
www.bestbuy.com

StevensPortal
www.StevensPortal.com

RefurbDepot
www.RefurbDepot.com

Buy.com
www.Buy.com


さらに、日本の富士通テンが、オーディオにTomtomを組み込んだモデルを販売している。
オーディオとあわせて購入を検討しているなら、これもチェックしよう。

tn_Eclipse AVN2210p


プレスリリース
「ECLIPSE」ナビ部着脱可能な2DINオーディオ一体型カーナビゲーションを開発
www.fujitsu-ten.co.jp/release/2007/01/20070109_1.html

アメリカで買うなら、Fujisan.comで、取り扱っており、$600~800位。
www.fujisan.com/online/shopping~sj~?navi=1106621

びびなび街マガジンはこちら
http://losangeles.vivinavi.com

ガリバーUSAの個人売買仲介サービス
www.gulliverusa.net

テーマ:パーツ - ジャンル:車・バイク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。