ロサンゼルス発 LA AUTO BLOG
「ViviNavi(びびなび)ロサンゼルス」発行、「街マガジンAUTO」とリンクした、車をテーマにしたブログです。新車、中古車、カスタム、修理、レースやイベント、車に関するグッズまで、クルマに関することを幅広くご紹介します。
プロフィール

Vivicar

Author:Vivicar
このたび、当ブログは、Fc2さんから、新しくできたViVinaviブログに引っ越しました!

http://em.vivinavi.com/emblog/la_automobile/

ぜひ、お越しください!お待ちしております!


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピーターセン自動車博物館
Petersen logo


ピーターセン自動車博物館は、ダウンタウンに程近いウィルシャー・ブルバードの沿いの、
「ミラクルマイル」と呼ばれるエリアにある、周辺にはミュージアムが立ち並ぶ一角で、
世界でも最大級の自動車専門博物館である。
自動車に関する教育と歴史を伝えるという目的のもと、NPOが運営している。

1994年の6月11日に、「Hot Rod」誌と「Motor Trend」誌の創始者である、
ロバート・E・ピーターセン氏とマギー夫人によって、4000万ドルをかけて設立された。

tnn_Robert Petersen


以前は、ロサンゼルス郡自然博物館内にあったが、現在はオーバックデパート跡にある。
オーバックとは、日本の「そごう」の支店として1962年に建てられたが、まもなく閉店したデパート。

tnn_CIMG3780.jpg

tnn_CIMG3775.jpg


この博物館には、100台以上の展示スペースがあるが、実はさらにその2倍以上の車を
所有していて、そのコレクションは、特別展示のテーマなどによって、
随時入れ替わりながら、展示されている。

tnn_CIMG3778.jpg


コレクションの内容は、コンセプトカー、海外の車、マッスルカー、有名人の所有車、映画に登場した車など。 有名なものとしては、“デュークス・オブ・ハザード(「爆発!デューク」)”で主人公が乗るジェネラル・リー、“バック・トゥ・ザ・フューチャー”でタイムマシンになったデロリアンなど。

駐車場にも無造作に数台の展示車両が。
parking.jpg



一階はロサンゼルスの自動車の歴史の展示。
tnn_CIMG3758.jpg

tnn_CIMG3764.jpg

tnn_CIMG3752.jpg

tnn_CIMG3750.jpg

tnn_CIMG3744.jpg

tnn_CIMG3743.jpg

tnn_CIMG3738.jpg


本物のビンテージ車とともに、当時の建物や人々の生活を実物大で展示。

二階には常設展と特別展。

開催中の特別展示は、”LA VIDA LOWRIDER:天使の街のクルージング”
”NASCAR: 60年史”、”HOT WHEELSの殿堂”、
”代用燃料の温故知新 :燃料電池、ハイブリッド、ソーラーパワー...”、
”Hollywood : Cars and Stars”など。

tnn_nascar_webbanner.jpg

tnn_cars.jpg

tnn_Volkswagen-1963-Herbie-Full.jpg


tnn_CIMG3739.jpg

tnn_CIMG3733.jpg

tnn_CIMG3769.jpg

tnn_CIMG3761.jpg

tnn_CIMG3760.jpg


三階は、子供たちのための、”May Family Children's Discovery Center”。
T型フォードやインディカーに乗ったり、巨大エンジン模型のなかで
スパークプラグに「なって」みたりと、自動車を題材にして、
楽しみながら科学を勉強できるようになっている。


四階は、前面ガラスのペントハウスで、おもにビジネスカンファレンスなどに利用されている。

中には、カフェコーナーと、グッズ販売コーナーもある。
販売コーナーでは、Tシャツ、キーホルダー、看板などの定番グッズのほかに、書籍類が充実。

tnn_CIMG3771.jpg

bookstore.jpg


5/8(木)には、”2008 “CARS & STARS” GALA”と題して、
キャロル・シェルビー、フィル・ヒルら、ロサンゼルスのモータースポーツを代表する
巨人たちのイベントを開催予定。
tnn_2008 “CARS  STARS” GALA


あなたが、「クラシック・マッスルカー」でも「ホットホイールのミニカー」でも、
とにかくクルマ関係のものがすきなら、このピーターセン自動車博物館には
必ず満足できるはずです。(Henry)


ピーターセン自動車博物館
www.petersen.org/





びびなび街マガジンはこちらから

ガリバーUSAの中古車個人売買仲介サービス
www.gulliverusa.net

[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

車のセキュリティシステム
日本と違ってアメリカでは、車の盗難や車上あらしが多く発生しています。

そのため、ハンドルやホイールを固定するものや、警報を鳴らすものなど
さまざまな対策グッズが販売されているが、現在、主流なのは
キーレスエントリーと一体型になっているタイプ。

よく、駐車場で意味もなくサイレンが鳴っている車がありますね。
あれは製品の精度がわるいか、ユーザーが振動センサーなどの設定が敏感すぎるため。
せっかく取り付けるセキュリティシステムを安心して利用するためには、
同じように見えるタイプでも、良い製品を選び、正しく設定して使いたいものです。

さて、今回紹介するバイパー(Viper)は、セキュリティ業界を機能面でも、
デザイン面でもリードし続けているブランドで、日本でもアメリカでも多くのユーザーに愛用されています。

製品のラインナップは、シンプルなキーレスエントリーにセキュリティ機能のついたものから、
クルマが今どこにあるかの映像を送ってくれるものまで幅広いが、
どれを選んでも基本的な盗難防止性能はついています。

バイパーの親会社は、自動車用電子機器を扱う、ディレクテッド・エレクトロニクスInc(DEI)。
この会社は、複数のセキュリティシステムとならんで、PolkやOrionという
カーオーディオ、ホームオーディオのブランドも持っています。
そのため、DEIは、研究開発費を非常に有効に使うことが出来るというわけです。


POLK AUDIO
www.polkaudio.com

ORION CAR AUDIO
www.orioncaraudio.com/


ベーシックモデルの「Viper 211HV」は、
イグニションコントロールシステム、ドアロックシステム、室内灯の自動点灯、
4ボタン式のリモートキー、パーキングライト点滅確認機能付き。
さらに追加オプションでリモコンがつけられるように予備の差込口も2個付き。
実売価格は、$130~$170。無名メーカーの製品でも数十ドル~150ドルするので、手ごろといえる。
211HV_large.gif


最高級の製品は、キーレスエントリーとリモート始動機能の付いた、「vIPER7900」。DEIは、
「バイパーのカラーLED反応システムは、世界で一番、洗練されたリモートスタートシステムである」と誇りをもっている。

7900_large.gif


端末はカラーのディスプレイで、1/4マイルはなれたところからでも操作が可能。
この端末自体が、バイブレーションと警報を発することが出来るので、
たとえ車のサイレンが聞こえない位置にいても、安心。
遠隔から始動した場合は、確実に始動したお知らせも届くので安心。
実売価格は、$550~$700と、さすがに高価。

そして、一番の売れ筋、かつおすすめのモデルは、「Viper5002」。

5002_large.gif


ハイテク2ウェイシステムで、スティンガーダブルガードショックセンサー、リベンジャー6トンサイレン、
電源シャットダウン機能まで。もちろん、キーレスエントリーなどの便利機能もバッチリ。
ディスプレイ上には、アイコン表示でとてもわかりやすいデザイン。
実売価格は、$350~$460。


Viper
www.viper.com/

Directed Electronics Inc
www.directed.com/


びびなび街マガジンはこちらから

ガリバーUSAの中古車個人売買仲介サービス
www.gulliverusa.net
[READ MORE...]

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

ウィルシャー・ブルバード~ダウンタウンLAからサンタモニカ・ビーチへ
LAのダウンタウンのグランドアベニューから、サンタモニカのオーシャンアベニューまでの約16マイルを結ぶ道がウィルシャーブルバード。
全体の形から”LAの背骨”、”西のシャンゼリゼ”、”西のフィフスアベニュー”などとも呼ばれている。

tnn_DT4.jpg


ウィルシャーブルバードは、ビバリーヒルズやサンタモニカなど、ロサンゼルスの5つのメジャービジネスディストリクトを繋いでいる。
LAにある1956年以降に建てられた高層ビルの多くは、ウィルシャーブルバード沿いにある。
この道の名は、不動産王ヘンリー ウィルシャーに由来。

tnn_DT1.jpg


右にも左にも曲がることなくLAのお薦めスポットを1日で網羅することができる。
ダウンタウンロサンゼルスはLAカウンティの心臓部としては機能していないが、地理的には真ん中にある。

tnn_CIMG3699.jpg


LAカウンティは中心を1つにするには広すぎるので、ロサンゼルス、サンタモニカ、ロングビーチ、パサディナなどの市が多数ほど置かれている。

tnn_CIMG3682.jpg


では、LAの中心から始まるウィルシャーブルバード探索に出かけよう!
ウィルシャーを西に行くと、ビジネス街から離れて、マッカーサー・パークがある。
ここでは散歩をしたり、ダウンタウンの景色を楽しむことができる。
道は公園のど真ん中を通り、中にある湖さえも道によって半分に分けられている。

tnn_Palm street


先に進むとウェスタンアベニューと交わる辺りで、コリアタウンの真ん中に到達。
ここでは様々な韓国料理が楽しめる。

お腹が一杯になったら腹ごなしにミラクルマイルを散歩すると良い。

tnn_Museum Row Miracle Mike


La BreaからFairfaxを結ぶミラクルマイルには、世界的に有名なMOCA近代美術館、La Brea Tar Pits、ピーターソンAutomotive Museumなどが建ち並ぶ。

tnn_CIMG3775_20080417094908.jpg


ウィルシャーブルバードは渋滞が激しいが、国内で最も早く信号が設置された場所の1つ。
本来、1つの信号が青になれば、そのまま続けて青信号を渡る事ができる。

ミラクルマイルで芸術を堪能した後はお待ちかね、ロデオドライブ。

tnn_Rodeo and Wilshire


ロデオドライブは世界屈指のショッピングエリアで、豪華なホテルやおしゃれなレストラン、
超高級ブティックが立ち並ぶことで有名な通り。ディープポケット(金持ち)にとっては天国であることに違いないが、お金に余裕がなくてもセレブリティ気分でウィンドウショッピングを楽しもう。

tnn_Rodeo Drive1


ビバリーヒルズでは家、車、洋服など全てのものが豪華絢爛なので、一見の価値あり。
まだお金に余裕があったら、UCLAで知られるWestwoodへ行ってみよう!
手軽にランチをするのなら Westwood Villageに安くて美味しい店がたくさんある
UCLAの学生がたくさん居るから、ここにはいつも活気がある。

でもParking Meterには要注意!
LAは全体的に不法駐車に厳しくて、油断しているとすぐに数百ドルの違反チケットを切られてしまう。
そんな状況で良いパーキングスペースを見つけられたあなたは、超ラッキー!

tnn_Huge bus

tnn_Tracy Ullmans


さらに道を西へ向かい、1日中渋滞が続く405フリーウェイ(避けるべき!)を越えたら、ビューティフル・サンタモニカに突入!

tnn_Ocean Ave2


tnn_Ocean Ave3


海岸沿いの景色が素晴らしく、1年中観光客で賑わっている。
Sunnyビーチ、テーマパーク風のピア、3rd ストリートプロムナードでのショッピングや食事、
カフェの窓際に座ってヒューマンウォッチング、、、などが楽しめる。 
サンタモニカは、ウィルシャーブルバード探索の終点にふさわしい街である。

tnn_Santa monica sea


ウィルシャ-ブルバードはあらゆる国々の文化が体験でき、世界中のブランド品が買え、
トップクラスの芸術に触れることもできる。 だから世界有数の素晴らしい道なのである。(Henry)





びびなび街マガジンはこちらから

ガリバーUSAの中古車個人売買仲介サービス
www.gulliverusa.net
[READ MORE...]

テーマ:ドライブ - ジャンル:車・バイク

ニューモデル情報~アウディ・A5と、シボレー・タホ・ハイブリッド
2008モデル シボレー・タホ・ハイブリッド
tnn_Tahoe Hybrid

シボレー・タホといえば、アメリカを代表するフルサイズSUV。
2008年、ついにGMはこのタホにもハイブリッドモデルを追加した。
このハイブリッドシステムは、シボレー伝統のヴォルテックV8エンジンに、
BMW、ダイムラークライスラーと共同開発したエレクトリックモーター/ジェネレーターを
組み合わせたもので、300馬力を発生する。

トヨタ・プリウスのように、状況に合わせて電気モーターのみ、
ガソリン・エンジンのみ、モーターとエンジンの両方を使い分ける。

ハイウェイ走行と街乗り、それぞれの場面で最適な燃費走行を実現し、
「2モードハイブリッド」と名づけている。

エンジン以外にも、車体の前方を低めにして空気抵抗を減らし、
ボンネットとリアゲートをアルミにして軽量化するなど、従来比で25%アップ。

GMは、タホの兄弟車、GMCユーコンにもハイブリッドを設定、
さらに近い将来、上級モデルである高級SUV、キャデラックエスカレードの
ハイブリッド版も発売する計画。

アメリカでは、ここ5年で、ガソリン価格が約4倍にまで上がってきており、
小型車への乗り換えが加速する中、ハイブリッドモデルの登場で、大型SUVの復活なるか。(Dan)



シボレー・ハイブリッドシステム
http://www.chevrolet.com/hybrid/

2008モデル シボレー・タホ
http://www.chevrolet.com/tahoe/


The Chevrolet Tahoe which is already a class leader in fuel economy is now featuring the first full-size hybrid SUV. Available in both a 2WD and 4wd version the Tahoe hybrid features a hybrid system that was developed with BMW and Daimler-Chrysler features an electric motor and generator coupled with Chevrolet’s Vortec V8 engine that puts out 300 horsepower. This new system is similar to the system used in the Toyota Prius and enables the Tahoe to accelerate with the gasoline engine shut-off. GM will also be using this hybrid technology in the Escalade when that is put into production as a hybrid model. This two-mode system paired with a lower stance of the car, lower road resistance tires, a more streamlined front end and a lift-gate and hood that are made of aluminum are supposed to give the new Tahoe a 25% savings in fuel economy when compared to conventional Tahoes. Also when the Tahoe has Chevrolet’s Active-Fuel Management system GM is claiming fuel efficiency up to 50% better than normal Tahoes.

The Chevrolet Tahoe Hybrid is now available at your local Chevrolet dealer. (Dan)
[READ MORE...]

テーマ:車選び - ジャンル:車・バイク

ハーマン・モーティブ
tnn_HPIM1301.jpg


 自動車のパフォーマンスショップをはじめるということは非常に大変なことであり、
さらに、トヨタやホンダならともかく、「スバル」の専門店をアメリカでやるとなると、
クルマの特殊性によるマーケットの小ささなどから、ほとんど不可能といってもいいレベル。
 ハーマン・モーティブ社はそれを見事に克服して、現在はスバル・STIの
チューニング界でトップレベルに上りつめたチューナーである。

tnn_HPIM1299.jpg


オーナーのダン・ハーマンは、もともとクルマいじりが大好きであったが、
2002年まではチューニングを仕事にはしておらず、
自分のガレージで、自分の愛車と友人たちの車をチューニングしていた。

そのうわさが口コミで評判を呼び、カレッジ卒業後、初めて自身のショップをオープンした。
顧客が増えていくにつれて、彼の知識と技術もどんどん向上していき、
2004年、スバルがインプレッサSTIをアメリカ市場で販売開始するとともに、
ダンはこの新型車の研究に没頭した。

tnn_HPIM1302.jpg


STIに使われるコンピュータはきわめて複雑であったが、
ダンはそのプログラムを解明した最初の5名のチューナーの一人となった。
ハーマンモーティブは、ダンと一人の日本人メカニックによってスタートしたのだった。

tnn_HPIM1303.jpg


2005年は、まさにハーマンモーティブが羽ばたいた年。
最初のSTIモデルがアメリカに登場した翌年であり、WRX(いわばSTIのでチューン版)の価格が、
落ち始めた。それによって、多くの人々がWRXをベースにチューニングを施すことができるようになり、
ハーマンモーティブの名も、全米の「スバリスト」の中で一気に知られていったのだった。

tnn_HPIM1305.jpg


2007年、彼らはより大きくて新しい店舗に移転し、より多くの顧客の要望にこたえられるようになった。 最初から彼らは、口コミのみで広がったビジネスであったが、この年初めて「スバル・マガジン」に広告を打ったのだった。

tnn_HPIM1306.jpg


工場内にはいると、ダンはマスタングダイアグノスティックシステムに欠けられているSTいのそばにいた。
tnn_HPIM1307.jpg


アシスタントマネージャーのイアンいわく、「良いショップと悪いショップの違いは、そのクルマの何が問題で、どんな対処をすればいいかという、的確なトラブルシューティングができるかどうかです。」

今年、ハーマンモーティブはさまざまなパフォーマンスパーツの組み合わせによるチューニングにあきたらず、品質に焦点を絞ったオリジナル製品群をリリースした。
現時点で彼らのオリジナル製品は08モデルの新型STI用と同じく08モデルのBMW335i用のエキゾーストだけであるが、もちろん他の車種への展開を計画している。 (Mike)

ハーマン・モーティブ
www.harmanmotive.com/

tnn_HPIM1308.jpg


[READ MORE...]

テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク

スーパーオートバックス!!
今回紹介する”スーパーオートバックス”は、日本の方ならおなじみの、日本最大のカー用品店ネットワーク。同社は、アメリカだけでなく台湾、シンガポール、タイ、フランスなどにも出店している。


tnn_Front.jpg


そしてそのオートバックスのアメリカ進出1号店がこちら。
LA郊外のオレンジカウンティのスタントン店。
ビーチブルバード沿いにあるショッピングプラザの中に、巨大な店舗を構えている。

tnn_Shop2.jpg


tnn_display1.jpg


アメリカらしいガソリンポンプやジュークボックスの形を模したディスプレイツールなど、
店舗デザインはアメリカ人デザイナーによるもの。アメリカ人が見ても、外国企業という違和感はない。
tnn_Display2.jpg



tnn_shop1.jpg


tnn_Grills.jpg


売り場面積は、アメリカ最大級。
部品中心の地味な品揃えのライバル店に対して、同店は日本のグッズも多数展示販売したり、
映画「ワイルドスピード」でおなじみのスポーツコンパクト系やSUV系のカスタムパーツも充実させすなど、楽しめるお店になっている。

tnn_Speakers.jpg




tnn_T.jpg

日本人以外には、カタカナのロゴが人気。

tnn_Watches.jpg

各自動車メーカーのグッズが充実。

tnn_models1.jpg

マニア向けに、アメリカ製よりも精度の高い日本のプラモデルも販売。

tnn_models2.jpg

車種はいわゆる「走り屋系」ばかりだが。

tnn_haynes.jpg

老舗出版社ヘインズ社の車種別整備マニュアルもラインナップ。
幅広い車種、年式をカバーしているので、
自分の車のものを一冊、持っておきたいものである。

Haynes Repair Manual
www.haynes.com/

tnn_hyperrev.jpg

こちらは日本のニューズ出版が発行する、「ハイパーレブ」シリーズ。
車種別に、モデルチェンジの歴史やスペック、改造パーツ情報などが盛りだくさんで、
日本語で書かれているにもかかわらず、アメリカ人が買っていく。

ニューズ出版 「ハイパーレブ」

tnn_Hotwheels.jpg

ミニカーコーナー。モニターでは、「ベストモータリング」など、日本のDVDを上映。

tnn_Kitty.jpg

なぜか、ハローキティグッズも充実している。

また、ピットコーナーも充実しており、ハイテク機器によるタイヤ交換、オイル交換はもとより、
オーディオのカスタマイズを得意としている。

tnn_pitservice1.jpg


tnn_pitservice2.jpg




tnn_S2000.jpg

ハードトップをつけたS2000。

tnn_Civic.jpg

定番人気のシビッククーペ。

tnn_Integra.jpg

古いインテグラをベースに、DIYでモディファイ中。

tnn_E36.jpg

なんともいえない色のBMWE36。M3なのだろうか?

tnn_camry.jpg

ノーマルのカムリにも、こんなホイールが。


tnn_Sign.jpg

モールの駐車場でボンネットを開けて車談義に花を咲かせる人たち。


同社では、”e-bacs”という名前で、インターネット通販も行なっているので、
遠方の方も、ぜひウェブサイトをチェックしてみてほしい。(AK)

"e-bacs"のトップ画面
tnn_AutobacsEbacs.jpg


過去のセール広告
tnn_Autobacsads.jpg



tnn_Demo S2000


tnn_Demo GS



スーパーオートバックス(USA)
www.autobacsusa.com/

スーパーオートバックス(日本)
www.superautobacs.com/


[READ MORE...]

テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク

90年型 BMW525i ソーイ君
tnn_IMG_1060.jpg


Q.それでは、簡単に自己紹介を。

A.名前はソーイ(Soey)、日本名はソースケです。トーランスに住んでいます。
母が日本人ですが、家の中ではほとんど英語で会話しているので、
日本語はあまりしゃべれません。聞くのはまあまあわかりますけど。

今は、大学に行きながら、週3回、大きな中古車店でアルバイトもしています。
小さいころからサッカーが得意なので、アメリカでももっと人気が出てほしいです。
あと父の影響で、キャンピング、スキー、ハイキング、旅行が趣味です。

tnn_IMG_1063.jpg


Q.どうして、このクルマを選んだんですか?

A.それまでは、83年式のベンツの240ディーゼルに乗っていました。
その車は、父の趣味で、彼は古いメルセデスがすきなんですよ。
でも、遅いし古臭いので、嫌になってきたんですよね。

tnn_IMAGE_406.jpg


ちょうどその頃に、このBMWが手ごろな値段で見つかったんです。
当時の自分には、コンディションも良くみえたし。

Q.「コンディションが良かった」じゃなく、「良く見えた」というのは、どういうこと?
購入してから、一ヶ月くらいの時に、トーランス市内で突然車が止まってしまって。
周りに誰もいなくて、近くのスターバックスの駐車場まで、一人で押していったんです。

tnn_IMAGE_401.jpg


Q.原因はなんだったんですか?
タイミングベルトが切れていて、エンジンのシリンダーヘッドの交換が必要になったんです。
お金がなかったので、あちこちのジャンクヤードを回って、安い中古パーツを探しました。
サン・バーナーディーノまで行ったのに、最終的にはトーランスの自宅から10分の
ジャンクヤードで、パーツがみつかったんです。



tnn_IMG_1061.jpg


Q.でも工賃がかかったでしょう?エンジンだから高かった?
作業は、メカニックの友人が全面的に協力してくれて、彼と2人でやりました。
学校とアルバイトが終わってから、夜に作業したんです。
お金はかからなかったけど、数週間かかりました。

tnn_IMG_1064.jpg



Q.このクルマのお気に入りは?

A.ドライブフィーリングが気に入っているんですが、もっとよくするためにサスペンションを変えます。
前の持ち主が、マフラーとクリアレンズのコーナーライト、アンプを替えているので、
あとは、カッコいいホイールを入れたいですね。

tnn_IMAGE_403.jpg


Q.次はどんなクルマを手に入れたいですか?

A.まだ予定はないです。
でも、BMWのソリッドで安定したドライブフィーリングが気に入ったので、
きっと次も、BMWを買うとおもいます。長距離乗るには、最高ですよ。(AK)

tnn_IMAGE_404.jpg






[READ MORE...]

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。