ロサンゼルス発 LA AUTO BLOG
「ViviNavi(びびなび)ロサンゼルス」発行、「街マガジンAUTO」とリンクした、車をテーマにしたブログです。新車、中古車、カスタム、修理、レースやイベント、車に関するグッズまで、クルマに関することを幅広くご紹介します。
プロフィール

Vivicar

Author:Vivicar
このたび、当ブログは、Fc2さんから、新しくできたViVinaviブログに引っ越しました!

http://em.vivinavi.com/emblog/la_automobile/

ぜひ、お越しください!お待ちしております!


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーマン・モーティブ
tnn_HPIM1301.jpg


 自動車のパフォーマンスショップをはじめるということは非常に大変なことであり、
さらに、トヨタやホンダならともかく、「スバル」の専門店をアメリカでやるとなると、
クルマの特殊性によるマーケットの小ささなどから、ほとんど不可能といってもいいレベル。
 ハーマン・モーティブ社はそれを見事に克服して、現在はスバル・STIの
チューニング界でトップレベルに上りつめたチューナーである。

tnn_HPIM1299.jpg


オーナーのダン・ハーマンは、もともとクルマいじりが大好きであったが、
2002年まではチューニングを仕事にはしておらず、
自分のガレージで、自分の愛車と友人たちの車をチューニングしていた。

そのうわさが口コミで評判を呼び、カレッジ卒業後、初めて自身のショップをオープンした。
顧客が増えていくにつれて、彼の知識と技術もどんどん向上していき、
2004年、スバルがインプレッサSTIをアメリカ市場で販売開始するとともに、
ダンはこの新型車の研究に没頭した。

tnn_HPIM1302.jpg


STIに使われるコンピュータはきわめて複雑であったが、
ダンはそのプログラムを解明した最初の5名のチューナーの一人となった。
ハーマンモーティブは、ダンと一人の日本人メカニックによってスタートしたのだった。

tnn_HPIM1303.jpg


2005年は、まさにハーマンモーティブが羽ばたいた年。
最初のSTIモデルがアメリカに登場した翌年であり、WRX(いわばSTIのでチューン版)の価格が、
落ち始めた。それによって、多くの人々がWRXをベースにチューニングを施すことができるようになり、
ハーマンモーティブの名も、全米の「スバリスト」の中で一気に知られていったのだった。

tnn_HPIM1305.jpg


2007年、彼らはより大きくて新しい店舗に移転し、より多くの顧客の要望にこたえられるようになった。 最初から彼らは、口コミのみで広がったビジネスであったが、この年初めて「スバル・マガジン」に広告を打ったのだった。

tnn_HPIM1306.jpg


工場内にはいると、ダンはマスタングダイアグノスティックシステムに欠けられているSTいのそばにいた。
tnn_HPIM1307.jpg


アシスタントマネージャーのイアンいわく、「良いショップと悪いショップの違いは、そのクルマの何が問題で、どんな対処をすればいいかという、的確なトラブルシューティングができるかどうかです。」

今年、ハーマンモーティブはさまざまなパフォーマンスパーツの組み合わせによるチューニングにあきたらず、品質に焦点を絞ったオリジナル製品群をリリースした。
現時点で彼らのオリジナル製品は08モデルの新型STI用と同じく08モデルのBMW335i用のエキゾーストだけであるが、もちろん他の車種への展開を計画している。 (Mike)

ハーマン・モーティブ
www.harmanmotive.com/

tnn_HPIM1308.jpg


びびなび街マガジンはこちらから

ガリバーUSAの中古車個人売買仲介サービス
www.gulliverusa.net



Starting a performance shop is hard enough, but starting a performance shop that specializes in Subaru is near impossible considering they have just begun to explore the potential of these cars. Harman Motive went against all odds, and now is a big name in the Subaru/STI tuning community.

Owner Dan Harman enjoyed working on cars his whole life, but didn’t start turning a wrench with intent to create something until 2002. In his garage, Dan worked on his car as well as his friends’. Word of mouth spread about his ability to tune cars and after he graduated from college, he opened his first actual shop. Located in Torrance, he was able to expand his clientele as well as his knowledge of the Subaru. In 2004, the STI was introduced to America and Dan immediately began trying to figure out this new automobile. The computer that they put in the STI was extremely complicated and Dan was one of the first of 5 to understand the programming on it. They started with small installs and then moved on to installing and selling aftermarket parts. Harman Motive started with Dan and a Japanese mechanic but then started growing.

In 2005, the year after the first STI came to the US, the price of the WRX (the STI’s younger, detuned brother) began to drop. This meant more people could afford the car and they could spend more money tuning the WRX. That year was by far Harman Motive’s defining year, with the biggest turnaround of cars they ever had. Thereafter, great things began spreading all over the country about Harman through the Subaru community.

Dan and Harman continued to push the envelope and expanding and in mid 2007 they moved to a newer, much bigger location. They now have the ability to help more customers tune/install aftermarket parts on the cars. From the beginning, Harman Motive was a word of mouth spread business. They only put out there first and only ad in a strictly Subaru magazine this year.
When I first walked into Harman Motive, I immediately notice the super cool atmosphere, not to mention this was one of, if not the cleanest and best kept shops I’ve ever seen. When I met Dan he was behind the wheel of a STI on their new Mustang Diagnostic System. He was extremely excited to tell me about his ventures and his company. The cleanliness of the shop can only be matched by Dan’s, as well as the other employees, over all terrific customer service. I also spoke with Ian, who is the Assistant Manager, and he said “What separates good shops from the others is the ability to trouble shoot, knowing exactly what need to be done and how to do it, and just over all knowledge and service.” With that said, I definitely would say that Harman Motive is one of the great shops in the US.

This year, Harman released their product line, focusing on quality. As of now, they only manufacture exhaust systems for the 2008 STI and the 2008 BMW 335i. With bigger, better goals in mind, they plan on expand their product line and expand into different markets. The tuning community as a whole will be waiting to see what happens and how Harman Motive will grow. (Mike)
スポンサーサイト

テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://vivicar.blog28.fc2.com/tb.php/16-3c6d304b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。