ロサンゼルス発 LA AUTO BLOG
「ViviNavi(びびなび)ロサンゼルス」発行、「街マガジンAUTO」とリンクした、車をテーマにしたブログです。新車、中古車、カスタム、修理、レースやイベント、車に関するグッズまで、クルマに関することを幅広くご紹介します。
プロフィール

Vivicar

Author:Vivicar
このたび、当ブログは、Fc2さんから、新しくできたViVinaviブログに引っ越しました!

http://em.vivinavi.com/emblog/la_automobile/

ぜひ、お越しください!お待ちしております!


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんと、中古車の履歴を調べてくれる会社~CARFAXとAuto Check
中古車の値段が安いか高いかを考えるとき、
一般的には走行距離や事故車かどうかを参考にする。
通常は、事故歴、修復歴を調べるにはプロの技術が必要だし、
走行距離もメーターを巻き戻されていれば、わからない。

でも、アメリカには、なんと中古車の履歴を調べてくれるサービスがあるのだ。

Autocheck logo



有名なのは、CARFAXAutoCheckの2社。
別に探偵のようなことをしてくれるわけではなくて、
両社とも、ウェブサイト上で申し込むと、画面上で見れたり、
e-mailで返してくれたりする。
中古車店のプロでも、車を仕入れるときに必ず
CARFAXAutoCheckのどちらかを利用しているはず。

carfax logo



両社は、それぞれ「DMV」と呼ばれる行政機関(日本でいうと陸運局?)や、
自動車保険会社、警察などと提携していて、
車体ナンバー(VIN=Vehicle Identification Number。下記参照)をキーに、
自社のデータベースを検索、その車に、いつどこで、
どんなことが起こったかの一覧を提供している。

では実際にどんな「履歴」が見れるのかというと、
ちょうどAutoCheckのサイトにわかり安く書かれていたので、抜粋。


■「タイトル(Certificate of Title)」の状態をチェック

「サルベージタイトル(Salvage Title=全損歴あり)」に代表される、
「ブランデッドタイトル(Branded Title=いわくつき)」をチェック。 
「ブランデッドタイトル」は売るときに絶対不利なので、絶対チェック。

車を登録したタイミングや、他州からの移入のために、
紙のタイトルには印刷されていない場合もあるので注意。


■過去に起こった「問題」をチェック

・事故歴(フレームダメージ)のチェック(修理工場のネットワークにて記録。
もちろん登録されていない工場も多いので、100%ではない)

・レモンバイバックのチェック
レモンというのは、ユーザーのクレームを受けてメーカーが不良品と認め、
買い戻されたことがある車。買戻しに値するほどの欠陥があった可能性が高い。

・サルベージ(salvage)オークションへの出品歴
サルベージオークションというのは、つぶれた車が出品される業者向けオークション。
そこに出品されていたということは...

salvage.jpg



■オドメーター(Odometer=走行距離のメーター)のチェック

名義変更をはじめ、中古車の履歴は、そのときの走行距離とともに記録されることが多い。
何年何月何日に何が起こり、そのときにメーター表示が何マイルだったかを追っていけば、
メーター戻しが行われていないか、メーターが故障して止まっていた期間はないか、
メーターが1周(2周かも!?)していないか、かどうかの推測が可能。

odo.jpg



■車の用途、出来事、所有権の履歴のチェック

盗難歴はないか、パトカーやタクシー、レンタカーとしての使用歴(いずれも自家用よりも
車の傷みが激しい)はないかをチェック。 

また、警察に事故の報告書(Police Report)が出ていたら、
フレームダメージの可能性を疑うべき。 

雨や雪の多いエリアで使われていたものも、
水分や除雪のための塩分のために、傷みが激しいことが多い。

police taxi




CARFAXAutoCheckともに、同じようなサービスを提供しているが、
それぞれ使用しているデータベースが違うので、CARFAXでは見つからなかった「問題」が、
AutoCheckでは見つかったりする。
もちろん逆パターンもあり。両方調べたいが、各$20くらいの費用がかかる。

機会があれば、一度、自分の車をチェックしてみると、面白い。
もちろん、これから車を買おうという人は、必ず、
CARFAXか、AutoCheckのレポートを見せてもらおう。 

オープンなディーラーであれば、在庫車のレポートを自社のウェブサイトで公開していたり、
買取や下取りの時に調べたものを見せてくれたりするので、
車を売りたい人は、利用してみよう。


AUTOCHECKのレポートサンプル

サルベージオークションの例 Salvage Direct



*VINナンバーとは

ドライバーサイドのフロントガラス内側の下の方にある車体に固有のナンバー。
数字とアルファベットの組み合わせで全17桁。
VINを打刻したプレートがリベットでとめられてれていることが多い(図解)。

その車のタイトルやレジストレーション、保険の書類でも確認できるが、
現物を見るのが確実。


CARFAXホームページ

AutoCheckホームページ



びびなび街マガジンはこちら
http://losangeles.vivinavi.com

ガリバーUSAの個人売買仲介サービス
www.gulliverusa.net
スポンサーサイト

テーマ:中古車 - ジャンル:車・バイク

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://vivicar.blog28.fc2.com/tb.php/5-29a335f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。